Classics

           

作曲家インデックス

アルビノーニ カッチーニ サラサーテ 滝廉太郎   バッハ マスネ 八橋検校 ラベル ワーグナー
アルベニス クラーク サン・サーンス タリス   ハイドン 宮城道夫   ラフマニノフ F.ワグナー
ウェーバー グリーグ シャミナード タルレガ   パイジエッロ メンデルスゾーン   ロッシーニ  
ヴェルディ クライスラー シューベルト チャイコフスキー    パガニーニ モーツァルト      
エルガー  コルサコフ シューマン  テレマン   ビゼー        
ゴーベール シュトラウス1世  ドップラー   ビバルディ        
    シュトラウス2世 ドリーブ    フォーレ        
    ショパン ドヴォルザーク    プッチーニ         
    スッペ ドルドラ   ブラームス         
    ソル     ブルックナー        
          ヘンデル        
          ベートーベン        
          ボッケリーニ         
日本


トマス・タリス  <Thomas Tallis >1505~1585
タリスのカノン <16世紀イングランドの作曲家・オルガン奏者>
 コーラス版       弦楽合奏版
1.6MB
1.6MB
ジュリオ・カッチーニ  <Giulio Caccini> 1545~1618
アヴェ・マリア <イタリア>ルネサンス音楽末期、バロック音楽初期
       (Short for HP BGM)
3.5MB
2.0MB
アマリリ 麗し Amarilli mia bella
         (Short for HP BGM)
2.8MB
1.5MB

トマゾ・アルビノーニ   <Tomaso Albinoni>1671~1751
アルビノーニのアダジオ
(弦楽器とオルガンのためのアダジオ ト短調)
<イタリア(当時のベネツィア共和国)>

ポピュラー名曲として名高い『アルビノーニのアダジオ』は「レモ・ジャゾット」による偽作で、アルビノーニとは直接関わりはない。(Wikipediaより)
7.8MB
 ジェレマイア・クラーク  <Jeremiah Clarke>1674~1707
トランペット・ボランタリー

Trumpet Vluntary
<イングランド>

クラークが作曲したチェンバロ曲「デンマーク王子の行進曲」を元にH.パーセルがトランペット用に編曲して有名になった。最近までパーセルの作曲と思われていた。
「ヴォランタリー」は一般には教会の礼拝の前後と合間に演奏されるオルガン曲を指す。
3.0MB
 ビバルディ  <Vivaldi>1678~1741
和声とインヴェンションの試み 第1集 「四季」から
アレンジ版はArranged Classicのページにあります。
「春」Spring 第1楽章
第2楽章
第3楽章
2.9MB
2.6MB
3.6MB
 「夏」 Summer 第1楽章
第2楽章
第3楽章
4.8MB
1.7MB
2.4MB
 「秋」 Autumn 第1楽章
第2楽章
第3楽章
4.5MB
1.4MB
2.8MB
「冬」Winter 第1楽章
第2楽章
第3楽章 3.2MB
2.0MB
--
合奏協奏曲(Concert Grosso)
第11番 ニ短調 (調和の霊感)
Op.3-11 (第一楽章)
Mov.1
バッハによる改作。
3.1MB
バイオリン協奏曲 イ短調
作品6 
第1楽章
第2楽章
第3楽章
2.9MB
1.6MB
2.3MB
バイオリン協奏曲 ニ短調
作品8-7 <海の嵐>

(全楽章)
Violin Concerto, for violin, strings & continuo in D minor ("Per Pisendel"), Op. 8/7
7.1MB
バイオリン協奏曲 変ロ長調
第10番 「狩り」 第2楽章
2.2MB
二つのトランペットと
弦楽合奏のための協奏曲 ハ長調
6.1MB
テレマン  Georg Philipp Telemann1681~1767
トリオソナタ 変ロ長調  (1)Dolce  (2)Vivace  (3)Siciliana  (4)Vivace 8.4MB
バッハ <J.S.BACH> 1685~1750 
トッカータ と フーガ ニ短調 Toccata et Fuga d-moll  BWV565

フルオーケストラバージョンで書いています。
7.7MB
平均律クラヴィーア曲集
No.1・2・3 (前奏曲)
第1番(ハ長調)BWV846

グノーのアヴェ・マリアとしても有名
第1番(ハ長調)


(Piano Version)
第2番(ハ短調)BWV847

第3番(嬰ハ長調)BWV848

 
1.3MB
1.5MB
1.4MB
1.2MB
パルティータ 
 No.1
BWV825
1. Praeludium 2. Allemande 3. Corrente 4. Sarabande 5. Menuet1 6. Menuet2 7. Giga

9.2MB
 No.6
BWV830
1.Toccata
5.2MB
カンタータ第147番よりコラール

主よ人の望みの喜びよ
Jesu joy of mans desiring
 
(1)

 (2)

 (3)
(1)3.1MB
(2)2.6MB
(3)3.1MB
BWV1041

バイオリン協奏曲 第1

イ短調 (全楽章)
すっきりした印象の、爽やかなバイオリン協奏曲。ケーテン時代(1717-1723)の作品でビバルディを思わせる室内楽的な作品。独奏バイオリンと弦楽合奏、それにコンティヌオのチェンバロで編成されている。
1st mov  Allegro moderato 
2nd mov  Andante       
3ird mov  Allegro assai    

3.7MB
5.7MB
3.6MB
BWV1042

バイオリン協奏曲 第2

ホ長調 
全楽章 (15MB)
これも上のBWV1041とともにケーテン時代の曲。
楽器編成は上と全く同じだが、一段と洗練された対位法技法と豊かな音楽性で、バッハの協奏曲の中でも随一の名曲と言われる。
(この曲は後にチェンバロ協奏曲ニ長調に改作された)
15.2MB
ガボット Gavotte
J.S.Bachニ長調組曲の中の一節。ガボットは二分の二或いは四分の二拍子の舞曲で、その起こりはフランスのド
フィーネの山岳民族舞曲と言われている。
3.5MB
G線上のアリア
Violin + Piano    (Arranged classicsにも別バージョンがあります
4.2MB
「管弦楽組曲第2番」から 「メヌエット」 & 「バディネリ」 2.8MB
 「メヌエット」 1.5MB
二つのバイオリンのための協奏曲
    ニ短調 (第一楽章)
二重協奏曲ニ短調 第一楽章 BWV1043 Vivace

バッハのバイオリン協奏曲としては最もよく知られたものの一つ。1720年頃の作品。
後に2台のピアノのための協奏曲に改作されている。
3.6MB
ブランデンブルク
           協奏曲
 
 第3番
BWV1048

Brandenburgische Konzerte

5.5MB
 第5番
BWV1050


6曲からなるブランデンブルク協奏曲の中でも最もポピュラーな曲。独奏バイオリン、フルートの掛け合いに加え、特にチェンバロが華やかな活躍をすることで知られている。

8.3MB
小フーガト短調 小曲ながらよく知られているオルガン曲。 3.5MB
フルートソナタ ロ短調 BWV1030 SONATA
 Flute Sonata in B-moll, BWV 1030
8.0MB
シシリアーノ BWV1031  (For Solo Flute)
Siciliano
 Flute Sonata in E-flat major, BWV 1031
2.0MB
プレリュード (For Solo Cello) Prelude
Cello Suite No.1 in G major, BWV 1007
2.0MB
 ヘンデル  <Georg Friedrich Händel> 1685~1759
ラルゴ (Ombra mai fu) (Largo)
 
Trumpet + Full Orchestra
2.8MB
2.7MB
ハレルヤ・コーラス 3.9MB
Lascia ch'io pianga
  「泣かせ給え」

オペラ "Rinaldo"から アリア
  

Short Ver. For HP
2.9MB

1.0MB
Water Music
水上の音楽 <第1組曲> から
第3曲 「アレグロ」
HWV348-3 <Allegro>

当時の貴族が船遊びをする場面が彷彿としてくる有名な曲。
2.5MB
Water Music
水上の音楽 <第1組曲> から
第5曲 「エアー」
HWV348-5 <Air>
2.2MB
Water Music
水上の音楽 <第2組曲> から
第2曲 「アラ・ホーンパイプ」
HWV349-2 <Alla Hornpipe>

A La Horn"の名前で有名。
2.6MB
ハイドン  <HAYDN> 1732~1809 
弦楽四重奏曲 第64番 ニ長調
第2楽章
6.0MB
弦楽四重奏曲 第76番 ト長調
第1楽章
3.9MB
交響曲 第94番
第2楽章 (驚愕)

突然の大音響で「びっくり(驚愕)交響曲」として知られている第94番交響曲から第2楽章。ボリュームに注意!
5.3MB
交響曲第104番
第1楽章

「ロンドン」の名称で親しまれている。<D major>
7.8MB
ジョヴァンニ・パイジエッロ <Giovanni Paisiello>  1740-1816
虚ろの心
Nel cor piu non mi sento
イタリア歌曲(Arietta) 

18世紀後半のイタリアのオペラ作曲家でセミセリア様式と呼ばれるオペラの代表的人物
1.4MB
<Boccherini, Luigi > ボッケリーニ 1743-1805
メヌエット
イタリアに生まれチェロの名手であり、作曲家。室内楽とチェロの分野にその作品と種類が特に多く、チェロをそれまでの低音補充の役割から独奏楽器としての役割を持たせた功績は大きい。
3.1MB
     
                 モーツァルト   Mozart1756-1791               
フルート四重奏曲 第1番

ニ長調 K.285  第1楽章
Quartet for Dlute & String No.1, 1st movement K.285 mov1
 (第1楽章)
No.1 K.285,  No.2 K.285a,  No.3 K.285b,  No.4 K.298 の4曲中、最も有名な曲。
6.8MB
クラリネット協奏曲

イ長調 K.622  第2楽章
Clarinet Concert AMajor K622 mov2
 (第2楽章)ゆったりとしたあたたかい雰囲気のメロディー。    

 Short Ver.)
6.5MB

2.4MB
ヴァイオリン協奏曲第3番

ト長調 K.216  第2楽章
Vaiolin Concert GMajor K216 mov2
 (第2楽章)       Short Ver. for HP BGM)
6.4MB

1.8MB
モテット K.117 モテット(Jubilate Deo) K.117
3.9MB
Eine Kleine Nacht music
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク

K.525 セレナーデ
<セレナード~小夜曲>
 
 楽章 アイネクライネ(一つの小さな)ナハト(夜)ムジーク(音楽)です。
 楽章
5.5MB
6.6MB
1.8MB
5.0MB
楽章
楽章
Ave verum corpus アヴェ・ベルム・コルプス (Adagio)

小曲ながら、静けさの中に厳かさがあふれている名曲。
2.5MB
モーツァルト ピアノソナタ
No.5  K283 (全楽章)             第1楽章 Allegro ト長調 4分の3
   第2楽章 Andante ハ長調 4分の4
          第3楽章 Presto ト長調 8分の3
17.4MB
No.8 K310 (第1楽章)  イ短調 4分の4 Allegro Maestoso 7.6MB
(第3楽章)   イ短調 4分の2  Presto 2MB
No.9
K311 (第1楽章)
4.3MB
No.11 K331
(トルコ行進曲付き)
Mov.1

変奏曲
Mov.2
Mov.3

トルコ行進曲
11MB

3.3MB
No.16(15) K545 ハ長調
(第1楽章)
3.9MB
No.18 K576
(第1楽章)
6.5MB
モーツァルト フーガ
Fuga in G-minor K.410 3.3MB
モーツァルト  レクイエム K626

モーツァルトの死の直前まで書かれた死者のためのミサ曲。

全12曲遂に完成!

Requiem K.626 No.1
Requiem

第1曲 レクイエム・キリエ(入祭文・求憐誦)
7.1MB

Requiem K.626 No.2
Dies irae

第2曲 ディエス・イレ(怒りの日)
2.0MB

Requiem K.626 No.3
Tuba mirum

第3曲チューバ・ミルム(不思議なラッパの音)
3.3MB

Requiem K.626 No.4
Rex tremendae

第4曲 レックス(みいずの大王)
2.3MB

Requiem K.626 No.5
Recordare

第5曲 リコルダーレ(慈悲深きイエズス)
5.7MB
Requiem K.626 No.6
Confutatis
第6曲 コンフュータティス(判決を受けた呪われた者は)
2.5MB
Requiem K.626 No.7
Lacrymosa
第7曲 ラクリモーザ(涙の日よ)

この曲の8小節目までがモーツァルトの絶筆である。
3.6MB
Requiem K.626 No.8
Domine Jesu
第8曲 ドミネ・ジェス(奉献文)
4.1MB
Requiem K.626 No.9
Hostias
第9曲 オスティアス(賛美の生贄)
3.2MB
Requiem K.626 No.10
Sanctus
第10曲 サンクトゥス(聖なる哉)
1.6MB

Requiem K.626 No.11
Benedictus

第11曲 オザンナ(主の名により来たれる者は祝せられさせ給え、最高きところまで)
4.4MB
Requiem K.626 No.12
Agnus Dei
第12曲(終曲) アニュス・デイ(聖体拝領 世の罪を除き給う神の羔 彼らに永遠の安息を与え給え)
8.1MB

 ベートーベン  <Beethoven> 1770~1827

ヴァイオリンと管弦楽のための
“ロマンス” 第1番 ト長調 Op.40
Romance for Violin and orchestra No.1 in G major, Op.40
Short Ver. for HP
6.6MB

1.5MB
ピアノ三重奏曲 Op.11

(Trio for Clarinet,Cello
and Piano) Op.11
クラリネット、チェロ、ピアノのための三重奏曲(ピアノトリオ)Op.11
第1楽章
 
 Allegro con brio
10.9MB
第2楽章   Adagio 3.6MB
第3楽章   Thema and Variations 7.5MB
ヴァイオリンソナタ
  第5番ヘ長調 Op.24
  
     (スプリングソナタ)
第1楽章 Allegro
9.5MB
 (Short Version)HP用に短くしています
1.6MB









Piano Sonata
 第8番  Op.13
 「悲愴」


Pathetique
第一楽章
第二楽章
第三楽章
7.8MB
4.9MB
3.9MB
 第14番 Op.27 No.2 

 「月光」
 
第一楽章
第二楽章 第三楽章 5.1MB
2.0MB
6.1MB
 第21番  Op.53
ハ長調

「ワルトシュタイン」
Waldstein
全楽章   

第23番「アパショナータ」と並び、ベートーヴェンの中期の作品の中でも最も重要なもののひとつとされ、フェルディナント・フォン・ヴァルトシュタイン伯爵(Graf Ferdinand von Waldstein)に献呈したことから「ワルトシュタイン」と呼ばれている。
9.7MB
 第23番  Op.57
 「熱情」
(アパッショナータ)
 ヘ短調
 
第一楽章
第二楽章
第三楽章
8.6MB
5.6MB
7.2MB
第23番ピアノソナタ 熱情
「ピアノソナタ第8番・悲愴、第14番・月光」と並び、ベートーベン三大ソナタとも呼ばれている。
『熱情』という副題は楽譜出版商クランツがピアノ連弾の編曲版出版時につけたものであり、これが今日も通称として用いられている。
第25番  Op.79
「郭公」

 第1楽章 ト長調
第25番ピアノソナタ
第一楽章
中間部分から頻繁に奏される郭公の鳴き声を模したと思われるパターンが特徴的で「郭公」の名前の由来もここから。高い技術を要せず軽快感に溢れている。左右の腕の交差の面白さからか、初心者にも好んで演奏される。
5.5MB
失われた小銭への怒り
(rage over a lost penny)

床に転がった1ペニー硬貨。床板の隙間に入り込んでしまい見つからない苛立ちをぶつけた曲という有名なエピソードのピアノ曲。
5.3MB
Ich Liebe Dich WoO.(Werke ohne Opuszahl)123   歌曲「御身を愛す or きみを愛す」
1.7MB
ト調のメヌエット menuet in G
2.1MB
フェルナンド・ソル  <Fernando Sor>  (1778-1839)
Etude Op.6   No.11 (スペイン)
晩年はフランスで過ごしたがスペインでは「ギターのベートーベン」と呼ばれている。
2.9MB
Etude Op.31  No. 3 ニ長調 + REFLEX V.1 1.2MB
No. 6 ホ短調    1.2MB
No. 7 ホ長調 + REFLEX V.1 0.9MB
No16 ニ短調    1.5MB
Mazurka Op.32-3 2.5MB
Siciliano Op.33-3 (Short Ver. for HP) 3.8MB
1.3MB
Valse No.6 Op.44 1.3MB
パガニーニ  <Nicolò Paganini>  (1782-1840)
24の奇想曲(カプリス)24
  
 or(カプリーチョ)(カプリッチョ)
(24 Caprices for Solo Violin) 無伴奏バイオリンのためのカプリス24

主題と11の変奏、それに終曲が付随する。僅か16小節の主題があらゆる技巧の為に展開される。リストやブラームスなど多くの作曲家によって「パガニーニの主題による変奏曲」として改作されている。(Wikipedia)
3.8MB
ウェーバー  <Carl Maria Friedrich Ernst von Weber>  (1786-1826)
クラリネット協奏曲 No.2 Op.74
              (第2楽章)
(Second Move)
5.5MB
ロッシーニ  Gioachino Antonio Rossini  (1792-1868)
セビリアの理髪師 序曲 The Barber of Seville Overture
6.5MB
ウイリアム・テル 序曲 3.6MB
     
シューベルト  <Schubert>  (1797-1828)
歌曲 「鱒」
      (Violin & Piano)
ドイツ・リート Die Forelle 「鱒」 作品32 D550(1817年)

歌詞は漁師が罠を使って魚を吊り上げる様子を歌っているが、実際は男女の仲を表した寓話と言われている。
2.0MB
ピアノ五重奏曲 イ長調
  
     作品114 「鱒」 (Trout)
第4楽章
Piano Quintet A dur Op.114 Mov.4

上の歌曲の主題が用いられていることで有名。
6.2MB
第5楽章
Piano Quintet A dur Op.114 Mov.5 Finale : Allegro giust
9.7MB
即興曲 (Impromptu) Op.90-2  1827年頃の作品。即興曲と言っても即興で演奏されたものではなく、「即興曲風な小曲」のようなもの。ロマン派時代からシューベルトやショパンなどの作品に見られるようになった   4.1MB
Op.90-3 4.9MB 
Op.90-4 5.4MB
軍隊行進曲
(ピアノ4手連弾)

Military march (Piano) (for 4 hands)
ピアノ4手連弾 (全曲)

3.5MB
軍隊行進曲(管弦楽)

Military march (orchestra)

3.6MB
歌曲 「野ばら」 ドイツ・リート Heidenröslein 「野ばら」 D257(1815年)

原詞はゲーテによる。「魔王」と並ぶシューベルト初期の傑作。
1.5MB
歌曲 「月に寄す」 D.193 "An den Mond" D 193

Cello版
 
Flute版
2.6MB
2.5MB
歌曲 「魔王」 Erlkönig  Op1 D.328

学校の教材になったこともあり歌曲の中でも特に有名で子供たちにも人気の曲。
3.8MB
楽興の時 Op.94-3

軽やかな小品。多くの演奏形態があるが、ここではマリンバで軽妙さを出した。本来は「ヘ短調」
「イージーリスニング」のページにも別バージョン有り。
1.4MB
 ヨハン・シュトラウス1世(父)  <Johann Strauss(Father)>1804~1849
ヨハン・シュトラウス2世 (1825~1899) は年齢順に従って下の方に掲載。
ラデッキー行進曲
1848年の初演以来オーストリア軍隊の愛国行進曲となっている。
ラデッキー伯爵の功績を称えた勇ましい行進曲。作品228
2.9MB
  メンデルスゾーン    <Felix Mendelssohn> 1809~1847 
交響曲 第4番 イタリア
(第2楽章)
Symphony No. 4 (Italian) Mov.2
5.8MB
歌の翼に

Violin Ver.     Flute Ver.
メンデルスゾーン27歳頃、ハイネの詩に作曲した歌曲(『6つの歌』作品34の2曲目)

2.9MB

2.8MB
真夏の夜の夢から

結婚行進曲


シェークスピアの戯曲「真夏の夜の夢」をバレー化するためにメンデルスゾーンが書いた同名曲。妖精王オーベロンと女王タイターニアの物語。
曲データは少々簡略化しています。

2.5MB
「無言歌集」 第1集 作品19
Lieder ohne Worte Heft 1  Op.19
 第1曲  「甘い思い出」 ( sweet remembrance )
 E dur
3.1MB
 第6曲  「ヴェネツィアの舟歌 第1」 ( VenetianBoatSong )
 G min
1.9MB
「無言歌集」 第3集 作品19
Lieder ohne Worte Heft 3  Op.38
第6曲  「デュエット」 (Duetto)
Ab dur
2.7MB
「無言歌集」 第5集 作品62

Lieder ohne Worte Heft 5  Op.62
第1曲  「5月のそよ風」 (May Breezes)
 G dur
2.3MB
第2曲  「出発」 (The departre)
 Bb dur
2.1MB
第3曲 「葬送行進曲」 (Trauermarsch)
 E min
3.2MB
第4曲 「朝の歌」 (Morning song)
 G dur
1.4MB
第5曲 「ヴェネツィアの舟歌 第3」 (Venezianisches Gondellied)
 A min
1.9MB
第6曲  「春の歌」 (Fruhlingslied)
E dur (A)
2.2MB
     
 ショパン  <Chopin> 1810~1849
ポロネーズ 
Polonaise No.6 Op.53 
Heroic (英雄)
作品53 変イ長調 英雄ポロネーズ
5.9MB
Prelude Op.28 (24のプレリュード)
No.1 ハ長調

0.6MB
No.2 イ短調

2.2MB
No.3 ト長調
No.4 ホ短調

1.9MB
No.5 二長調

0.5MB
No.6 ロ短調

1.8MB
No.7 イ長調
No.8 嬰ヘ短調 

1.7MB
No.9 ホ長調
No.10 嬰ハ短調
No.11 ロ長調 

0.5MB
No.12 嬰ト短調

1.0MB
No.13 嬰ヘ長調
No.14 変ホ短調
No.15変二短調

4.8MB 雨だれ
No.16 変ロ短調
No.17 変イ長調
No.18 ヘ短調

0.8MB
No.19 変ホ長調
No.20 ハ短調

1.3MB
No.21 変ロ長調
No.22 ト短調

0.6MB
No.23 ヘ長調
No.24 ニ短調
Nocturne ノクターン
No.5 F# major Op.15-2 夜想曲 第5番 作品15-2 嬰ヘ長調
3.2MB
No.6 G mior Op.15-3 夜想曲 第6番 作品15-3 ト短調
4.0MB
No.8 Db major Op.27-2 夜想曲 第8番 作品27-2 変ニ長調
4.7MB
No.11 G minor Op.37-1 夜想曲 第11番 作品37-1 ト短調
5.6MB
No.13 C minor Op.48-1 夜想曲 第13番 作品48-1 ハ短調
(Shot Version For HP)
1.7MB
No.20 C# minor Op.20 夜想曲 第20番 作品20「遺作」 嬰ハ短調
      (Short Ver.for HP)
3.6MB
2.1MB
ETUDEN Op.10 エチュード  作品10
ETUDEN
Op.10-1
作品10の1 ハ長調
1.8MB
ETUDEN
Op.10-2
作品10の2 イ短調
単純な曲に聞こえるが、右手の運指が難しく弾きにくい曲。
1.3MB
ETUDEN
Op.10-3
 「別れの曲」
作品10の3 ホ長調 Tristesse
 日本においては、「別れの曲」と言うが西欧においては「Tristesse」(悲しみ)の愛称で知られている。
3.6MB
ETUDEN
Op.10-4
作品10の4 嬰ハ短調
 Prestoの指示通り、かなり速いテンポで演奏する難曲。
2.0MB
ETUDEN
Op.10-5 
「黒鍵」
作品10の5 変ト長調

右手主旋律が第66小節の2拍目のヘ音を除いてすべて黒鍵によって演奏されることからこの通称がつけられている。
1.7MB
ETUDEN
Op.10-6
作品10の6 変ホ短調

淡々と演奏される左手の上にやや暗いメロディーがゆったりと流れる。左右の音楽的表現に気を配った丁寧な演奏が求められる。
3.0MB
ETUDEN
Op.10-8
作品10の8 ヘ長調

ショパンらしい流れるような軽快なメロディーで統一されている。左手のメロディーにも注意。淀みなく演奏することが大切。
2.1MB
ETUDEN
Op.10-9
作品10の9 ヘ短調

Allegro, molt agitato
1.8MB
ETUDEN
Op.10-11
作品10の11 変ホ長調 アレグレット三部形式。 

1オクターブ以上の広い音程のアルペジオで全体が通されており、非常に弾きにくい。 
1.8MB
ETUDEN
Op.10-12
 「革命」
作品10の12 ハ短調 アレグロ・コン・フォーコ。 

1831年のロシアによるワルシャワ侵攻に対する怒りの感情を表した作品といわれる。 
2.2MB
ETUDEN Op.25 エチュード  作品25
ETUDEN
Op.25-1
作品25の1 変イ長調 Allegro sostenuto

伴奏がハープのように奏するので「エオリアン・ハープ」として知られている。
1.9MB
ETUDEN
Op.25-2
作品25の2 ヘ短調 Presto

異なる3連符が絡み合う。
1.3MB
ETUDEN
Op.25-5
作品25の5 ホ短調 Vivace

全体は短調であるが中間部の明るく軽やかな部分との対比が際だっている。高度な演奏技術を必要とする。
2.6MB
ETUDEN
Op.25-7
作品25の7 嬰ハ短調 Lento

右手の和音に乗せて演奏する左手のゆったりとしたメロディーが美しい。
4.7MB
ETUDEN
Op.25-8
作品25の8 変ニ長調 Vivace

6度和音の右手練習曲。途中何度も転調されている。
1.0MB
ETUDEN
Op.25-11  「木枯らし」
作品25の11 イ短調 Lento ~ Allegro con brio

2.8MB
ETUDEN
Op.25-12  「大洋」
作品25の12 ハ短調 

激しい怒涛のごとくアルペジオが連続し、荒れ狂う大海原の波のうねりを連想させるところから、「大洋」というタイトルが付けられている。
2.2MB
Waltz ワルツ
E-Minor Op.14 (遺作)
1868年に遺作として出版された。ショパン20歳の頃と思われる。非常に技巧的で人気の高い曲の一つ。主題は技巧的で跳ね回るような雰囲気があり、中間部はホ長調に転調してなだらかなメロディーラインが特徴的である。
1.5MB
華麗なる円舞曲 Op.34-1  GrandeValse (Brilliante) Ab-maj Op34
変イ長調
   +REFLEX +W1 Limiter
5.1MB
Op.64-1 (子犬のワルツ)
ジョルジュサンドの飼っていた子犬が自分のしっぽにじゃれている様子を書いたとも言われており「子犬のワルツ」という名で親しまれている。
1.8MB
Op.64-2
嬰ハ短調
3.1MB
Mazurkas マズルカ
Mazurkas No.14
Op.24-1
(ト短調)
2.5MB
Mazurkas No.15
Op.24-2
(ハ長調)
2.4MB
Mazurkas No.16
Op.24-3
(変イ長調)
1.9MB
Mazurkas No.17
Op.24-4
(変ロ短調)
3.8MB
Mazurkas No.24
Op.33-3
(ハ長調)
1.1MB
Mazurkas No.25
Op.33-4
(ロ短調)
       short Ver.
4.9MB
2.0MB
エコセーズ
3 Ecossaises
「3つのエコセーズ」作品72-3

(ニ長調/ト長調/変ニ長調)
3 Ecossaises Op.72-3
1.8MB
バルカローレ
Barcarolle 7.7MB
バラード
Ballade
バラード 第1番 ト短調 作品23
Ballade No.1 in g minor, Op.23
7.8MB
ピアノソナタ
ピアノソナタNo.2 作品35
第3楽章  葬送行進曲
Piano sonata No.2 Op.35 Mov.3  Funeral march
7.2MB
シューマン  Robert Alexander Schumann  1810~1856
「詩人の恋」 op.48
(全16曲)
No.1 「美しい五月に」   1.6MB
子供の情景 Op.15
(Kinderszenen)

(全13曲)
No.1 「知らない国々」  
About Foreign Lands and People  (Von fremden Ländern und Menschen)
1.5MB
No.2 「不思議なお話」  
 (Kuriose Geschichte)
1.1MB
No.3 「おにごっこ」  
Catch Me! (Hasche Mann)
0.6MB
No.4 「おねだり」  
Pleading Child (Bittendes Kind)
0.9MB
No.5 「幸せいっぱい(満足)」  
Happy Enough (Glückes genug)
1.2MB
No.6 「重大な出来事」 
Important Event (Wichtige Begebeheit)
0.8MB
No.7 「トロイメライ」 
Reverie (Träumerei)
2.6MB
No.8 「炉端で」 
Am Camin(By the Fireplace)
1.0MB
No.9 「木馬の騎士」
Ritter vom Steckenpferd (Knight of the Rocking-Horse)
0.7MB
No.10 「むきになって」
Fast zu ernst (Almost too Serious
)
1.2MB
No.11 「こわがらせ」
Furchtenmachen (ightening
)
1.6MB
No.12 「眠っている子供」
Kind im Einschlummern (Child Falling Asleep
)
1.6MB
No.13 「詩人のお話」
Der Dichter spricht (The Poet Speaks)
1.8MB
子供の為のアルバム Op.68

"Album for the Young"

(全2部43曲)
No. 2  「兵士の行進」  0.8MB
No. 9 「小さな民謡」   1.3MB 
No.10 「楽しき農夫」   0.7MB
No.13 「愛する五月よ」 1.6MB
No.18 「刈り入れの歌」 0.9MB
ロマンス 嬰ヘ長調 作品28-2 Romanze Op.28-2
     (Short Version for HP)
2.9MB
1.7MB
幻想小曲集 op.12 No.1 「夕べに」 Des Abends 3.4MB
No.3 「なぜ?」 Warum?  1.9MB
クライスレリアーナ
(Kreisleriana)
No.1   D minor Agitatissimo 1.9MB
No.2   B flat major Con molta espressione,non troppo presto 7.2MB
No.3   G minor Molto agitato 3.8MB
<Wilhelm Richard Wagner>    1813~1883 W.R(リヒャルト)・ワーグナー        
歌劇 「タンホイザー」 第3幕から
  「夕星の歌」

正式名称は『タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦』
Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg
2.7MB
歌劇 「ローエングリン」 から
  「婚礼の合唱 (結婚行進曲)」
 (短縮) 1.2MB
<Giuseppe Fortunino Francesco Verdi>    1813~1901 ヴェルディ        
歌劇 「椿姫」 から
       「前奏曲」
3.4MB
 1819~1895 スッペ     Franz von Suppé   
軽騎兵序曲

オペレッタ「 Leichte Kavallerie」 から Light Cavalry Overture
6.7MB
     
Albert Franz Doppler    1821~1883 ドップラー        
ハンガリー田園狂詩曲」  前半のみ     HP用短縮版           4.0MB

1.4MB
 1824~1896 ブルックナー     Josef Anton Bruckner      
モテット Locus iste (A)       (B) (A)
1.8MB
(B)
2.1MB
ヨハン・シュトラウス 2世  <Johann Strauß II>1825~1899 
春の声 Frühlingsstimmen 作品410
 
(ブラスバージョンはArranged Classicsのページに置いています)
6.4MB
美しく青きドナウ(短縮版)  (Short Ver.)
父・ヨハンシュトラウス1世は「ワルツの父」、シュトラウス2世は「ワルツ王」と呼ばれている。
2.4MB 
美しく青きドナウ(完全版)  (Full Ver.)
9.2MB 
ピツィカート・ポルカ
Pizzicato Polka

弟のヨーゼフ・シュトラウスとの合作。
弦楽器のピツィカートだけで演奏される楽しい曲。
2.4MB
ブラームス   Johannes Brahms  1833~1897
ハンガリア舞曲
    第1番 (Piano 4手連弾)
The Hungarian DancesNo.1
 「For Piano 4 hands 」
2.6MB
ハンガリア舞曲
    第2番 
The Hungarian DancesNo.2
2.3MB
インテルメッツォ Intermezzo Op.118-2
Short Ver.
1.6MB
ワルツ (Waltz) Op.35
No.1
0.9KB
No.2
1.0MB
No.03
0.7MB
No.4
1.5MB
No.5
1.2MB
No.06
1.1MB 
No.7
1.4MB
No.8
1.1MB
No.9
1.8MB 
No.10
0.6MB
No.11
1.5MB 
No.12
1.2MB 
No.13
0.6MB
No.14
1.3MB
No.15
1.3MB
No.16
0.7MB
     
サン・サーンス  <Saint-Saens>  1835~1921
動物の謝肉祭  LE CARNAVAL DES ANIMAUX
第1曲 「序奏と獅子王の行進」
1:Introduction et Marche royale du Lion

2台のピアノと弦楽5部の合奏。
1.9MB
第3曲 「ロバ」
3:Hemiones

非常に短いPiano曲。Hemiones(ヘミオーヌ)とは作曲者によって「忙しく飛び跳ねる動物たち」と注釈されている。
0.7MB
第4曲 「かめ」
4:Tortues

オッフェンバックのオペラ「天国と地獄」の中の有名なメロディーから取られたこの曲は本来せわしなく演奏されるが、ここではわざとのっそりと演奏する事でユーモラスな気分と若干の皮肉を溢れさせている。
1.5MB
第5曲 「ぞう」
5:L'Elephant

Pianoとコントラバスだけの曲。わざと大きな図体の象にワルツを踊らせた作曲者の意図が面白い。
1.4MB
第7曲 「水族館」
7:Aquarium

この組曲中では最も長い方に属する。フルート、ハーモニカ、2台のピアノ、弦四部編成。ここで言うハーモニカはチェレスタの事。
1.6MB
第8曲 「耳の長い登場人物」
8:Personnages a longues oreilles

わずか24小節の曲で2台のバイオリンだけで演奏される。サンサーンスの音楽を批判的に批評した評論家への皮肉と言われている。
0.8MB
第10曲 「鳥」
10:Voliere

フルート、ピアノ、弦楽器を用いて、動物園の大きな鳥かごの中の鳥たちのさえずりや騒がしさが表現されている。
1.1MB
第11曲 「ピアニスト」
11:Pianistes

Piano練習曲の下手なオーケストラ編曲のようで、実は次の「化石」と同様、痛烈な皮肉が隠されている。最後のトゥッティのあと短いポーズが置かれ、その後すぐに続けて12曲目が演奏される。
1.0MB
第12曲 「化石」
12:Fossiles

サンサーンス自身の作品「死の舞踏」中の「骸骨の踊り」のテーマから始まるこの曲はいろいろな意味での「皮肉」が込められてる。
1.1MB
第13曲 「白鳥」
13:Le Cygne

この曲単独でもよく演奏される非常に有名な曲。静かな湖面を月の光を浴びながら優雅に泳ぐ白鳥の姿が美しく表現されている。
2.3MB
第14曲 「フィナーレ」
14:Final

今まで登場した動物たちが次々と現れてカーニバルのバカ騒ぎする様子がユーモアと皮肉、変化に満ちた組曲として書かれている。自由でしかも綿密に組み立てられたフィナーレ。
2.0MB
<Leo Delibes>   ドリーブ  1836~1891
バレー音楽「コッペリア」(Coppélia)から
   「ワルツ」
 (All)    (Short for HP-BGM)   

動く人形をテーマにした全3幕のバレー音楽。原題は『コッペリア、あるいは琺瑯質の目をもつ乙女』(Coppélia, ou la Fille aux yeux d'émail ) (Wikipedia)
2.5MB

1.1MB
<Georges Bizet> ビゼー  1838~1875
オペラ「カルメン」(Carmen)から
   「間奏曲」

「カルメン」は全4幕のオペラ。ビゼーのオペラの中でもっとも有名で広く知られている。
2.5MB
<Peter Ilyich Tchaikovsky> チャイコフスキー  1840~1893
弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48
 第2楽章  「ワルツ」
Serenade for Strings in C major, Op. 48
3.5MB
「6つの小品」より「ロマンス」ヘ長調
Op.51-5

Short Ver. for HP 4.9MB

1.3MB
(Short)
バレエ組曲 「くるみ割り人形」 The Nutcracker  
第1曲 小序曲
Ouverture miniature
Allegro giusto、変ロ長調、4分の2拍子
3.1MB
第2曲 行進曲
Marche
Tempo di marcia viva、ト長調、4分の4拍子
1.7MB
第3曲 金平糖の精の踊り
Danse de la Fée Dragée
Andante non troppo、ホ短調、4分の2拍子(複合三部形式)
1.6MB
第4曲 ロシアの踊り(トレパック) Danse russe (Trepak)  
第5曲 アラビアの踊り Danse arabe  
第6曲 中国の踊り Danse chinoise  
第7曲 葦笛の踊り Danse des mirlitons
Moderato Assai、ニ長調、4分の2拍子
2.0MB
第8曲 花のワルツ Valse des fleurs
Tempo di Valse、ニ長調、4分の3拍子。単独でも演奏されることが多い優美で華やかな曲。

5.9MB
「四季」 < 12の性格的描写 > The Seasons,Op37a  
第 1曲 炉端で 01-At the Fireside
 イ長調
2.3MB
第 2曲 謝肉祭 02-Carnival
 ニ長調
2.6MB
第 3曲 ひばりの歌 03-Song of the Lark
 ト短調
2.2MB
第 4曲 松雪草(雪割草) 04-Snowdrop
 変ロ長調
1.9MB
第 5曲 白夜(五月の夜) 05-Starlight Nights
 ト長調
3.0MB
第 6曲 舟歌 06-Balcarolle
 ト短調(Arranged Classicにオルゴールバージョンを置いています)
3.7MB
第 7曲 草刈り人の歌 07-Song of the Reaper
 変ホ長調
1.7MB
第 8曲 収穫の歌 08-The Harvest
 ロ短調
2.4MB
第 9曲 狩の歌 09-The Hunt
 ト長調
2.4MB
第10曲 秋の歌 10-Autumn Song
 ニ短調
2.8MB
第11曲 トロイカで 11-Troika Ride
 ホ長調
2.7MB
第12曲 クリスマス週 12-Christmas
 変イ長調
3.6MB
<Antonín Leopold Dvořák> アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク  1841~1904
我が母の教え給いし歌 Songs My Mother Taught Me (Kdyz mne stará matka)

《ジプシー歌曲集》作品55の第4曲。
1.6MB
スラブ舞曲 Op.46 No.1 Slavonic Dance op.46 No.1, C major
3.3MB
<Jules Emile Frédéric Massenet> ジュール・マスネ  1842~1912
タイスの瞑想曲  短縮版 「タイスの瞑想曲」は歌劇タイス(1894年初演)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲で、オペラでは娼婦タイスが修道士アナタエルによって改悛するシーンで演奏される。
元々の演奏形式はオーケストラとヴァイオリン。
2.1MB
 全曲版 4.3MB
エレジー
原曲はピアノ曲。ここではメロディーをViolinで、長さも短縮している。
Arranged Classicsのページに別バージョンを置いています。
1.6MB
<Edvard Grieg> グリーグ grieg.jpg (2927 バイト) 1843~1907
オーゼの死 「ペール・ギュント」組曲 第1組曲 作品46から 第2曲
<Deth of Aase>

劇付随音楽「ペール・ギュント」のなかから、のちにグリーグ自身が四曲ずつ選んで、二つの組曲を編んだものが「ペールギュント」組曲。
4.7MB
アニトラの踊り 「ペール・ギュント」組曲 第1組曲 作品46から 第3曲

1.8MB
アリエッタ 叙情小曲集第1集 から <Arietta> Op.12-1

8曲からなる第1集の第1曲。
ゆったりと演奏され、最後はオルゴールのゼンマイが切れたかのように消えていく独特の曲になっている。
1.1MB
<Pablo Martín Melitón de Sarasate > パブロ・マルティン・メリトン・デ・サラサーテ  1844~1908
ツィゴイネルワイゼン
(チゴイネルワイゼン)
「Zigeunerweisen」
 (全曲版)

ヴァイオリンとピアノで演奏しているが、原曲はヴァイオリンと管弦楽。
(短縮版はArranged Classicsに)
7.1MB
<Rimskij-Korsakow> リムスキー = コルサコフ  1844~1908
熊蜂の飛行 オペラ「サンルタン王物語」第2幕第一場で熊蜂が白鳥の周りで飛び回る場面で演奏される。

写実的描写が優れていていろんな楽器の独奏曲としても編曲されている。
ロシア語:Полет шмеля、英語:Flight of the Bumblebee
かなり自由に書いているので厳密にはクラシックとは言えなくなってしまいました・・
1.1MB
フォーレ  <Faure>1845~1924
ドリー組曲から「子守歌」  Suit Dolly <No.1 Berceuse> E Dur
全6曲からなるピアノ連弾の組曲。
この曲のみ先行して1894年に単独で出版された。短いが柔らかく暖かい雰囲気の曲。ここではイングリッシュホルンでメロディーを演奏した。
1.3MB
ファンタジー Op.27   Fantaisie Op.27 (Flute & Piano)
HP・BGM用の短縮版
4.3MB

1.7MB
ノクターン 第4番 変ホ長調  Nocturen No.4 Op.36 Es Majore
HP・BGM用の短縮版
4.1MB

1.6MB
夢のあとに
フランク、サン・サーンスからドビュッシー、ラベルに至る橋渡しをしたフォーレは、初期の作品の大部分がフランス的な繊細美に溢れた歌曲と室内楽で占められている。
2.7MB
シチリアーノ (シシリアーノ) 静的で透明な曲想でフォーレの感性を見事に表している。
1.7MB
レクイエム
止めどなく溢れる涙を押さえることができない・・・
世の中にこれ以上美しい曲があるだろうかと思わせる程の感動を覚える曲です。
2.9MB
サンクトゥス        (A)    (B) 1.9MB
2.0MB
     
レガ  <Tarrega> 1852~1909
アルハンブラの想い出
高度なトレモロ奏法を活用した曲として名高い。 
Becuerdos De La Alhambra
 
4.5MB
4.5MB
J.F.ワグナー  Josef Franz Wagner>  1856~1908
行進曲「双頭の鷲の旗の下に」
変ホ長調
ヨーゼフ・フランツ・ワグナーはオーストリア・ハンガリー帝国の軍楽隊長であり、「歌劇王」とよばれるリヒャルト・ワーグナーとは別人で全く関係ない。
「マーチ王」と呼ばれるスーザと対比されて「オーストリアのマーチ王」とも呼ばれている。
この曲は現在オーストリア陸軍第2師団の公式な行進曲として採用されている。
3.6MB
エルガー  <Edward Elgar>  1857~1934
行進曲「威風堂々」第1番
作品39 ニ長調
イギリス・ブロードヒースに生まれたエルガーの作品には教会音楽が多いが、その他の作品では5曲の行進曲が組み合わされた作品39の「威風堂々」が特にポピュラーであり、その中でもこの第1番ニ長調が最もよく演奏される。
6.2MB
愛の挨拶 エルガーの婚約者、アリスのために書かれた愛情溢れる曲。
2.3MB
セシル・シャミナード<Cecil Chaminade> 1857~1944
セレナード セレナード 作品29

フランスの作曲家・ピアニスト。出版作品と演奏活動によって、経済的に自立した最初の女性作曲家といわれる。Wikipedia
2.7MB
プッチーニ   <Giacomo Pucchini>1858~1924
ジャンニスキッキ ~
私の大好きなお父様
「蝶々夫人」で有名なプッチーニの作品「ジャンニスキッキ」から。

切々と歌い上げられる美しいメロディーが有名。
2.2MB
イサーク・アルベニス  Isaac Albéniz>1860~1909
タンゴ ニ長調 組曲『エスパーニャ』全6曲のうちの第2曲。
1.9MB
フランティシェク・ドルドラ(フランツ・ドルドラ)  <František Alois Drdla (Franz Drdla)>1868~1944
思い出 (スーベニール) (Souvenir)
3.1MB
セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ  <Sergei Vasil'evich Rachmanino>1873~1943
ヴォカリーズ  作品34の14 (Vocalise  No.34-14)

ヴォカリーズ => 歌詞がなく、母音のみで歌われる歌曲。
5.7MB
ジョゼフ=モーリス(モリス)・ラベル  Joseph Maurice Ravel>1875~1937
亡き王女のためのパヴァーヌ  (Pavane pour une infante défunte)

元曲はピアノ。 ここでは木管五重奏で演奏しています。
3.9MB
 Fluteでの演奏   Short 5.7MB
1MB 
水の戯れ (Jeux d'eau)

1902年、上の「亡き王女のためのパヴァーヌ」と同時に初演された。
4.9MB
フリッツ・クライスラー  Fritz Kreisler1875~1962
ベートーヴェンの主題による
           ロンディーノ
(Rondino on a Theme of Beethoven)

(Short Ve.r for HP)
2.5MB

(Short)
1.3MB
フィリップ・ゴーベール  Philippe Gaubert>1879~1941
ゴーベールのシチリアーノ (Sicilienne)

フランスの作曲家、指揮者。特にフルート曲の作曲家としても有名。
2.4MB
Japanese tunes 
 八橋検校  <Kengyou Yatsuhashi>  慶長19年(1614)~貞享2年(1685)
筝曲「六段の調べ」

日本の代表的な筝曲の一つで6つの変奏曲(段)で構成されている。
都合により
1段~2段~4段~6段の構成で書いています。
4.9MB
 滝 廉太郎  <Rentarou Taki>  1879(明治12年)~1903(明治36年)
組歌「四季」から
    第3曲:月 (秋の月)

組歌「四季」  春~「花」 夏~「納涼」 秋~「月」 冬~「雪」 の四部作
3.0MB
 宮城道雄  <Michio Miyagi>1894~1956
箏曲「春の海」

お正月の定番、日本の名曲。(平成19年度に著作権消滅)
 全曲版 

5.5MB
 短縮版  Koto + Shakuhachi  2.0MB
 短縮版  Harp + Flute   短縮版  Cello + Koto
(YM26再掲)
1.6MB
2.0MB
     




       



 
inserted by FC2 system