立錐の余地もない沿道の観客。

勇壮な曳山の巡幸の魅力に誘われて毎年25〜30万人程の人出で賑わう。
                                     
家々では豪華な料理で曳子達をもてなす。

昔から無礼講の名で知られ、立ち寄った客には誰にでも酒、食事を振る舞ってきたが、今日では一部の礼儀をわきまえない者も出てきて、純粋の意味での無礼講は崩れつつある。




宵曳山(よいやま)にて  七宝丸
提灯に照らされた曳山が美しい魅力を放つ。
唐津神社御神輿と宮司



















                              














inserted by FC2 system